GO!GO!予備校│選抜制度がある医学部予備校へチャレンジ

先生

医学部を目指すなら

医学部予備校をなぜ選ぶの

医者

東京は、日本の首都ということで全国でもトップクラスの医学部予備校の数を誇っています。 医学部は大学受験の中でも特に難しい学部であり、入試も他の学部と比べて特殊です。そういうこともあり、面接など、普通の予備校ではカバーしきれない点を医学部予備校ではカバーしてくれるのが医学部予備校に通うメリットだと思います。 特に東京では医学部予備校だけでなく、大手の予備校も多数あり、医学部を受験する際であっても医学部予備校でなく、こちらに通う生徒の方が多いと思いますが、本気で医学部に合格したい生徒、医学部を受験して浪人している生徒はスケジュール管理がしっかりしている医学部予備校に通う方が良いでしょう。 現在では大手予備校であっても医学部受験に特化した医学部受験専門の予備校なども増え始めており、医学部予備校の需要は増えていると言えます。

通う際の予算はいくら

先程、東京には多数の医学部予備校が存在すると書きましたが、選ぶ予備校によってかかる費用やカリキュラムはそれぞれ異なります。 たとえば授業が完全個別制だったり、他の予備校よりも費用が安いことを売りにしていたり、宿泊施設が併設されており、一日のスケジュールを丸々管理されるシステムを採用していたりと様々です。 東京の医学部予備校に通うメリットはこのように自分のニーズに合わせた選択肢が他の都市と比べて多数存在していると言える点でしょう。 基本的には授業料は70万円から150万円と高額で幅がありますが、医学部予備校には特待生制度を採用しているところが多く、優秀な成績を残していればこれによる割引を受けることも可能です。